ゆう太、ひさしぶり

「しばらく、あずかってもらえる?」

「いいよ~」

ゆう太がやってきた。何と2年ぶり。

いっしっしっ。どうよ。ゆう太。

yuta_2

ん。こころなしか、前よりちっちゃくなったような。

ゆう太、くぅちゃんより12ヶ月、先輩。

食事はあいかわらずシニア犬用か。

カロリー足りとんやろか。

気にいらない場所に連れてこられたゆうた「キャンキャンキャン」思いっきり鳴きわめく。

反応する叔母。

「これっ!ゆうちゃん!だめよ!くぅちゃんみてごらん、おりこうでしょ!」

おばさん、ダメだから。お願い。キャンキャンいうのはゆうたの仕事。反応したら余計鳴くよ。

案の定、この日の晩は、眠りにつくまでキャンキャンが続いてしまった。

しかし、もう、構ってくれるおばはいないのだ、あきらめるがよい。

キャンキャン(要求行動)には、あくまで、無視に限る。

yuta_3

くぅちゃんと比較してもちっちゃい、ゆうた。

全身をナデまわした感じでは、背骨とあばらが手探りで感じられるほど肉が薄い。

うーん。ええんやろか。でも、ゆうたはこれに慣れてるんだろな。

太るよりはましだろうが(空腹感は寿命を延ばすというしな)、少し心配だ。

ま、様子をみよう。

ビビリ具合はあいかわらずのようだ。

くぅちゃんの様子を見ながらヒット&アウェイを繰り返す。

こりゃあ、慣れるのはやっぱり帰る頃やな。

yuta_1

#かろうじてあごをフェンスにのせることができたようだ、眠る。

今回、叔母の持参物にトイレトレーがあるではないか!

「おー、ゆーたー、トイレでできるようになったんか~」

「ううん。それができたらいいんだけど、相変わらず散歩に出ないとできないのよ。」と叔母。

「な~に~」

このトイレはおもちゃか、気休めなのか。

そうなのか。そーゆー風に育ってきたのだな、ゆうたよ。

しかし。今は残念ながら梅雨まっただ中。

散歩など、どれほど行きたくとも、まず行かれまい。

yuta_4

となると。

チッチもウンチもトイレでしたいただくことになる。

昨晩は、全てが終わってやってきたので、何事もなく一日を終えたゆうた。

今朝、食後ソワソワソワソワしはじめる。ベランダに解放。

ソワソワ。

するな。

ウーン。

おら、構えとるやんけ。ダダダーっ。グワシっ。ダダダーっ。

抱きかかえて走ってる間は、意外に止まるもんやね。

なんとか持参したトイレでさせた。

「いーこやねー。」なでなで。オヤツ与。

そして、今晩。

ソワソワソワソワしたあげく、ベランダにテキトーにしようと身構えたところをグワシッ、ダダダっ(トイレにダッシュ)、置き、プリプリ。うっかり先走らせてしまったが、ほとんどはトイレに収まる。

「グッドーッグ。」

オヤツ、与。

さて、叔母が帰ってくるまでにクセはつけられるのか。

戦いや。

ちなみに、今朝「キャンキャン」はゆうたの食事を準備しはじめた一瞬。

もちろん「ノーッ!」。要求行動には応えない。

うちでは、「キャンキャン」ゆったら食べられるのが遅くなるだけだから、お好きにどうぞ。

「キャンキャン」が収まったところですかさず「グッドーッグ」。褒めて与える。

さあどうかな。夕食前の「キャン」はひと鳴きでおさまった。よしよし。お利口になるのが早いな。

明日が楽しみだ。

#おばの大切なイヌで遊んでいいんやろか…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする