はみがきってする?

子どもの虫歯は親の責任。

努力の甲斐あって、3人の子どもたちは、虫歯で悩まされることがなかった。

ところが…言われるのだよ。

ドリームドリーさんに行くたび。

「まあいいでしょう。きれいな方ですよ。」

まあいいでしょう?

まあいい、とな。

「でも、できれば歯を磨く習慣をつけてあげるといいでしょう。この程度なら汚れはすぐに落ちますから。」

え”-。イヌに歯磨きぃ?するの?ホントにぃ?

野生動物は決して自分でハブラシは持たないでしょうに~

しかし、よく考えてみれば、

もう決して一人では生きていけないくぅちゃん。

衣(?)・食・住、その全ては人間に管理されている。

飼い主の怠惰から、若くして虫歯(歯槽膿漏も)となり、ヤワヤワご飯しか食べられない。

そんな…あんまりだ…

そうだ。歯磨きしをしよう!スキンシップにもなるし。

歯磨きペースト(バニラミントフレーバー)買いました。術後のうがいが不要なタイプ。便利。

あと、小さめサイズの歯ブラシをに準備してもらってと。

「くぅちゃーん。おいでー。」

ぐわしっ(捕獲)。ぐぐっ(上下のくちびるを拡げ)。ゴシゴシする。

なんだか。強力なバニラフレーバーなんですけど。

まいっか。ゴシゴシゴシ。

「カッ」

嫌がります。

「カッ」ていいながら、顔も背けます。

当然です。

仕方ないので、チロっと磨いてはちっちゃいちっちゃいおやつを一粒あげます。

チビチビオヤツを何度か繰り返すと、だいぶおとなしくなってきました。

ふふっ。単純よのう。

ゴシゴシゴシゴシゴシゴシ…

くらいはガマン出来るようになった。

おっ。ほんとや。みるみる汚れがとれていくやん。気持ちえ~。

今日はここまで。

毎日、すこしずつ練習して、ピカピカにしよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする