Clickerによる正の強化

結婚式用のDVD(ビデオ)を作りたいんです
というかわいらしいご要望にお応えするため、久々にPinnacle Studioをさわることになった。
なにか練習素材はないかな。
そうだ。正の強化の話をするんだった。せっかくなのでトレーニングの様子を撮影してみよう。
準備するもの)
 1)クリッカー
通販だと300円前後で売っているのに、身近なショップにはまったく扱いがないだから田舎は困るんよ。
 2)おやつ
ちゃちゃっと丸呑み可能な、できるだけちっちゃいの。これは田舎にもある。20個くらい。5~10分程度のトレーニングで使い切れる量。もちろん、その分、ご飯の量は減す。
 3)ルール
ヒトが勝手に決める
 4)くぅちゃん
遊び方)
ヒトが決めたルールを くぅ が達成できたら、クリッカーを鳴らし、オヤツをあげる。
いきなり くぅ が思い通りのことをしてくれるはずがありません。したらすごいけど。
たとえば、ルールを
ダンボール箱の中に座る
にしたとする。これは最終目標。結構難しい。
もちろん、そんな都合よくダンボール箱の中に入ってくれたりはしない。
なので、ルールのハードルをぐーんと下げてあげる。
ダンボール箱に近づいたらあげる。」
これなら、偶然にでもルールが達成できる。最初は偶然でいい。
ウロウロしている最中、ダンボール箱に近づいたまさにその瞬間にクリッカーを鳴らし、おやつをあげる。
何かの偶然にオヤツがもらえる。
くぅは、なぜオヤツをもらえたのか、最初分からない。
しばらくウロウロしていると、またクリッカーがなり、オヤツがもらえる。
おやおや?むむむ?どうしたらオヤツがもらえるの?
くぅ はこの偶然を探し始める。
こう?こうしたらオヤツもらえるん?
この表情の変化がたまらない。
慣れてくると
こうだね!こうすればオヤツもらえるんだよね!
て、ドヤ顔になってくる。あはは、楽しー
そろそろ、ルールのレベルをあげよう。
ダンボール箱に鼻をつけたらあげる。」
さらに
ダンボール箱に前脚が入ったらあげる → ダンボール箱に脚が四本とも入ったらあげる → ダンボール箱に座ったらあげる
はい、できるようになりました~


てなぐあい。
大切なことは、イヌを抱っこして段ボール箱に入れたり、「段ボール!」などと余計な言葉を発しないこと。どうしたらオヤツがもらえるのか、イヌが自分で工夫するよう導くこと。
さて、一回のトレーニングで、最終目標までできるかもしれないし、できないかもしれない。できなければ、明日続きをしよう。1回のゲームは5分程度で切り上げよう。ワンの集中が途切れる前に。毎日少しずつやってみよう。
できないからといってキレてはいけない。キレそうになったら明日にしよう。
楽しーいよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする