近づいてこない

第5週だから「ない」と思っていたけれど掲示板に予定が載っていた。

行ってきました。

今日のODとODXは少人数。8頭いなかったかも。くぅの隣はケン(シーズー)、チェスター(ボーダーコリー)、チェスターの隣がラン(ラブラドール)、ネネ…あれ?思い出せない…

今日は、ケンのお母さんと結構話したよ。そもそもケンのお母さんはK9クラブのお手伝いをしているので、ことあるごとに何かとお世話をしていただいている。くぅのことも気にかけてくださっている。ありがたいことだ。

さて、相変わらずノーリードのヒールは絶好調(と思ってるだけ)。少し遅れたり、ブレたりもするけれど、ま、CODですから。名前を呼べば、ハッとした顔してこっち見るし、テケテケーと足下までやってくる。

ファストペースでテケテケやってる時、小林先生のびっくり声。

「あれえ、くぅちゃーん。」「どしたーん。走っとるじゃな~い。」「くぅちゃん、そんなに早く走れるんか~。」

そこまで走ることに驚かんでも。

この先生の言葉に反応する諸先生方。

「あ、ほんとー。」

ええ、たまには走るんですよっ。

この程度の早足で感嘆していただけるとは。

傍目には、くぅの短い脚の回転数がよほど早く映るのであろう。

なら、自宅練習を動画に撮ってお見せしたら、そりゃあもうあーた、衝撃映像でしょうな。

でも、見せないよ。その姿をいつかトライアルで目の当たりにしなさい。ははは。

ヒール練習が終わり、イグザミネーションとフィギュア8との、はざま。ケンのお母さんに声をかけていただく。

「くぅちゃん、次はSS?」

だよね。そうなるよね。ODで練習してるんだから。CODは取得済みで次はSSだからここにいるんだよね。普通はね。

いやー。それが、まだまだCODなんですぅ。

「えっ?」

ずっとリコールでひっかかっていて。こっちは向いてるんですが、呼んでも「ぽかーん」なんですよー。

「あらぁ。」

で、小林先生から「上のクラスで、ノーリードに慣れてみたら。」って言っていただいて、このクラスに参加させていただいてます。

「へー。でも、くぅちゃん、ヒールとても上手にしてるよ。」

(ありがとーござまーす。)

あたしゃあ自分のことに精一杯で、他のワンの様子なんて見る余裕ありませんが、しっかり見ていただいているんですねぇ。

いやー、さすがやなあ。

ここで、チェスターのお母さん、会話に参加していただく。

「くぅちゃーーん。」

チェスターのお母さんも、試験の時、よく声をかけてくださるのだ。ほっとする。

「くぅちゃんは、ほんと、おとうさんのことよく見よるよねぇ。」

その母をチラ見したあと、無視する女くぅ。

おいおい。おねがーい。もちょっと愛想振りまいてや。こっちの立場も考えてほしいわ。

チェスターさんにも、ご挨拶しておかねば…

まだ、CODなんですけどね。リコールでリード外したとたんコントロールできないんです。だから、このクラスでノーリードに慣れてみたらって小林先生が…

ああ、いいわけが忙しい…これなら赤組で練習してた方が気楽だ。とほほ。

でも、上級者の皆さんと練習できるのはありがたいことです。しばらくは、このクラスでやるですよ。

はあ。とうとう、そのときがやってきた。

それまでは完璧だった。

と、思うんよね。

くぅはケンのあと。2番目でした。

本日、アプローチですでに、やる気ないの見え見えです。あーあ…

一応、止まってシットはしたものの。結局、呼び寄せには反応せず。小林先生からはただちに「あっちで練習して」と言われる。

あーうれし。鳥飼先生に個別レッスンしてもらえた。

しかし…どんな手を使っても、彼女はやる気なし。まったく無し。無し。無し。

ロングリードを装着してもらって、チッチッと引っ張ってもらっても、クンクンうろうろである。

鳥飼先生「うーん。どしたんでしょね。」

ほんとに。どしたんでしょね。泣きたくなりますよ。

鳥飼先生「できない原因が何かで、対処の仕方が違うんですよね。普段、おうちでは反応します?」

はい。どっちかちゅーと素早く。おもちゃで遊んでてもチャチャーとよってくることもありますし。見えないところで遊んでいても呼べばすっとんできます。なんで、ここだとできないんでしょ。何かわけがあるんですよね。きっと。

鳥飼先生「うーん。そーですねー。やりたくないって風にも見えませんし。しないくてもいいでしょって風にも見えないんですよね。」

「するときもありますしねえ。」

「でも、ずっとクンクンして近づいてこないのは、おとーさんよりもっと気になる何かがあって、自分を落ち着かせようとしてるのかもしれないし。」

不安なのかなあ。確かにドッグランとか行っても、はじっこのほうウロウロしてるだけだし。

先生の所にお泊まりしたときって、どんな感じなんですか。他のワンちゃんに寄っていったりしてます?ワンっとか威張ったりしてます?

鳥飼先生「ワンはいわないなぁ。」

「でも、ほかのワンちゃんには自分から近づいていったりもしますよ。」

そうかー。

なにも解決してないし。糸口も見つからない。

「ま、練習するしかないですよね。」「こりゃ、とことんリコールですね。」

鳥飼先生「ですね。」

そうなのです。

で、シットステイ。

ワンから離れたとたん、ケンがてけてけとお母さんに近づいて行っちゃう。あらら。

くぅはCODなので、ODの皆さんの半分くらいで立ち止まり振り返る。

しばらーくして、じわっーとダウンしてしまったですよ。

(おひょー)今日はできない日ですね。

「ノーッ」「シット!」

シグナルを送るが無視される。家ではできるのにぃ。

「シット!」

しない。

仕方ないので、少し近づき、もう一度、普通のトーンで「シット」ゆってみる。

あ。した。

強く命令されるん、嫌なんかな。

少し離れ、振り返る。

様子を見る。

今日はこれ以上離れるのはよそう。

なんか不安そうな顔しとる気がする。いつもだけど。

ダウンステイのとき、小林先生から「くぅちゃんも3分やって。」

はい~やってみまーす。

てなわけですが、ステイには最近自信があるので、さっきのシットの失敗は、もう忘れることにした。今度はODと同じ距離まで離れてみることにしよう。

結果、きちんとこなす。

あー、やっぱり、ハンドラーの気持ちを理解してるのかもしれないね。

明日からもっとほめてやろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする