エキスパートと自信

ライバル不在につき大量ゲット。

昨日までお泊まりでお世話になった鳥飼先生


今日もCODチャレンジャー組。なんとなく、リード外すきっかけを失う。いかんいかん。早くのけたい。

そうこうする間に、フィギュア・エイト突入。
#フィギュア・エイト、なんだか、かっこいいでしょ。八の字のことをいうのさ。
火曜はいつも小林先生がいらっしゃるからありがたい。
johnny「みなさんは、もうリードを張りっぱなしにしてはいけません。」
「じゃ、エキスパートからいこうか。お手本を見せてもらいましょう。くぅちゃん、どうぞ。」
エキスパート…
1年かかってまだCODにいるエキスパートですが…
いいんよ。エキスパートは偉そうにしていいんよ。
エキスパートには、もう恐いもんなしなんやから。
フィギュア8は、トライアルの見せ場(花形)の一つです。

イヌ内回りから始めます。ポールが気になるので、大きく外回りします。クンクン対策です。

ぢつは今、ひそかにあこがれ中のワンがひとり。ODチャレンジ中のボンテンマル(パグ:CODチャレンジ当初に登場済)さん。
このボンのスイッチ入ったときのヒール、これがまた、あーた、美しいのなんのって。
しそうにないワンの美しいヒールを見ることほど感動はないです。
しかーし。そのボンさんですら、前回試験でやっと1枚目。どんだけむずかしいんやねんODてことです。

うんうん。ちゃんとついてきてます。
johnny「いいよ。いいよー。」
イヌ外回りは、やってる本人が変だなと思えるくらい、小股を特に意識します。

johnny「イヌが離れたとき、気づかせる程度に軽くチェックを入れ、ヒトの真横に来るように必ず位置を修正してください。」
「試験の時は、少しくらいイヌが遅れてしまっても気にしないでいいです。自然とリードが張る程度はたいした減点にはなりません。」
そうか。CODでも減点になるのか。そうだよね。
小林先生がフィギュア8の説明をしてる横を歩きます。

あれ?まだ止まらんの?と思いつつ、じわーっとペースを落としてしまった。だめじゃん。

はい。くぅちゃん。もういいよ。暑いからあっちの陰で休んでいてください。

はい。次のひとー。
今日は、寒いんだか暑いんだかよくわからん変な天気だった。今は無茶暑い。いそげいそげ

johnny「おーい。たいしー(小林先生は椎原先生をこう呼ぶ)。そっちでイグザミネーション。」
椎原先生「はい。やってます。」

くぅの全身をコテコテにさすさすしながら、
椎原先生「くぅちゃん。動かんなったねえ。」
まあね。あなた、おにいちゃんちにいたでしょ
「だいぶ、慣れましたね。」
イグザミネーションが終わって、次はリコール。
今日は、リード外して練習できてない。不安だし。
johnny「CODのリコールでは、アプローチというノーリードの歩き出しで、一度停止、イヌはシットで待ちます。ヒトは10m離れて呼び寄せします。」
「じゃ、くぅちゃんいこか。(みなさん)お手本を見せますから、このようにしてください。」
仕方ありませんねえ。エキスパートですから見せましょう。お手本を。

ピタっと真横に停止するという、まるで見本のようなアプローチをこなすエキスパートさん。
エキスパートには、何も恐れるものはないのだ。これがまたさ。試験だと無視するからおもしろいんよね。

johnny「はい。よんで…」
バウバウバウーワワワんっグルルルぅ

入口で事件発生。エキスパートなのに必死でみつめて、こっち見ないね。
ああぁぁ…お手本がぁ…
仕方ありません。名前を呼びましょう。バウバウは続いてます。
「くぅ。」
バウワウにかき消されてるのでしょうか。
ぜんぜんこっち見ないエキスパートさん。もう待ってられません。呼びましょう。
「くぅ。(ワンテンポおいて)カムっ」
振り向きざまに、だだだだだっーーー

聞こえとったんかい。ならこっち見てや。

johnny「おお、くぅちゃん、走りよるな。」
不満なん?johnny。もしかして、くぅが走るんが不満なん?

もちろんそんなことはない。

johnny「リターン・トゥ・ユア・ドッグ」
てけてけ

グッドーッ(Good Dog)(ぼそっ)。
試験の時は、まだ声がけしてはいけない。

johnny「おみごと。」「くぅちゃん、やるなぁ。」
ふだんはね。
「グッドーッ。」

科目が終了してはじめて声がけとイヌへのタッチが許される。
このあと、皆のアプローチがボロボロなので、アプローチの練習を徹底的にやる。

リードのけてもいいでしょう。ゴソゴソ。

歩いては止まり(イヌはシット)。少し歩いては止まる。

おやつちょーだい。
くぅの横は「ちゃちゃまる(トイプー)」。イヌがついてくるか来ないか心配でしょうがないおかあさん。リードを外すと、イヌを見ながら(くるかな~どうかな~で)必ず一歩目でピタッと一時停止。固まるよ。イヌはその様子を見ていて、動かない。リードをつけると歩く。外すと母が一時停止。イヌが動かない、を繰り返してしまう。おかあさ~ん、そこをのりこえんといかんよ~。ヒトがザクザク歩けば、キットついていくから~。昔の自分だな。

はい。今日の練習終了。くぅ、おいで~

帰る準備をしていたら、小林先生が近づいてこられた。
johnny「くぅちゃ~ん。(前は)何がいかんかったん?」

え”っ?ジ~ョ~ニ~。しかたないなあ。だから、くぅのことエキスパートっていうんやね。
「リコールです。」
johnny「あ~そうやった。」
「でも、今日はとてもよかったですよ。」
「これまでの努力は、この上に上がったとき、きっと役立ちますよ。」
ああぁぁ…青組さんの合格テストを思い出す。あのときも、一生、青組か、おもたもんね。
「ヒールもノーリードこなすし、立派にODレベルです。」
「くぅちゃん、次からODに入りなさい。次の時間です。これますか?」
えっ?
いいん?ODに入っていいん?やったー。やったー。うれしー。
それって、一年COD受け続けた、ごほうび?
でもいいよ。うれしいから~。
というわけで、来週から1時間遅い練習開始となります。
ボンテンにも会えるなあ。楽しみ~。
よろしくお願いしますさん。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする