5/17 K9 (COD)

ODのことなど考えておるどころではない
ていう、昨日の練習をおさらいしておこう。
くぅさん以外、イブキさんやバースさん含め、みーんな大型犬。殆どがレトリバー。いったい何頭レトリバーなんよ、ゆーくらいレトリバー集団。くぅは唯一の・(点)
Heel は、うまくいっていると思う。このときは、チラチラこっち見ながら歩いている。まだ、テンションは下がっていない。
8の字もほぼ問題なし。
イグザミネーションは、小林先生に「リード離して2mはなれてみませんか?」と言われ、やってみる。こてこてに触られ、腰(というか腹)が油圧制御の機械のようにジワジワ下がっていく。
ちょうどほら。故障した車のメンテナンスするのにさ、ジャッキ使って上げ下げするじゃない。あんな感じ。体全体が水平に降りていくんよね。うぃーーーん。でも、着地はしていないのだ。だから。
小林先生からは「はい満点!ODでも満点!」なんて、とでもない評価が与えられる。
めっそうもないですだ[:しょぼん:]
こんなんでいいんかなあ。くぅのこと知らない人が見たら「できてないじゃん」な体勢なんですけど。小林先生だから満点なのか?いつも言われるよ「ハイ満点」。
満点て言われるたび、心の中で「申し訳ありません。申し訳ありません。お腹はついてないんです。みなさん許してください。」とつぶやいている。
ところが、というか、やっぱり…
リコールがダメ。アプローチがダメ。
笑っちゃうほどダメダメ。
後々のため、情けない記録を残しておこう。
アプローチ開始

はい。止まりましたよ。

あり?

どこいくんですか~。こっちも見ないのね。

はいはい。くぅさん。戻りますよ。

すみませんです。すみませんです。くぅさん、こっちですよ。

はい。気を取り直していきますよ。

#アイコンタクトはするんだけどな
てけてけ。はい止まりますよ。

おりょ。随分遠くで止まるんですな。

もう一回だけやり直しさせてくれた。3度目の正直でやっと横に止まった。

ステイ。てけてけてけ。このときだけは唯一大股でも歩けるんよね。

てけてけ。今日は走ってはくれんだろーな。ふぅ…

#いかん。いかん。こういうマイナス思考は絶対にいかんと思う。
カムッ!テケっ(ただちに)ノロノロ…よたよた…くんくん
あーくぅさーん。私、そっちにいませんけどー。グランマもそっちにはいませんけどー。

#このあと、結局、私を通り過ぎて、よそのワンの水入れに近づきクンクンする。
「いけませんねー。まずいですよー。やっぱり自立してるんじゃないんですかー。」と鳥飼先生

#手前のアディダス柄のベストがCOD2枚のイブキさんです。
短い距離で、リードもったままでも成功するように繰り返しましょう。
あと、うまくいかなくっても叱っちゃダメですよ。くぅちゃんが、呼ばれて行ったらいいことがあるって思えるようにしましょう。
そうしてるつもりなんだけどなあ。練習の時は、いつもそんなにあげないおやつも一杯あげてるんだけどなあ。あげすぎなんかなあ。
こうしてまた一つ悩みが増えるのであった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする