イヌのきもち

あー

よしゃ。今日はシャンプーする。うん。しよう。
あーあ。月末にはトライアルなのに、対策時間がほとんどないじゃないか。せっ、せめて前回の練習の記録を…忘れないうちに…うりゃあ.ぁぁぁ…
日曜のCODは、くぅさんいれて5頭。今日もたまたま、モモさんとメーラさんに挟まれる。あー朝子先生はもういないのだ[:しょぼん:]
リコールの練習までは順調であった。くぅさんの手前がメーラ。メーラは、いつもおとうさんと遊びたくてしょーがない。あーしょーがない。だから、しょっちゅう、おとうさんにちょっかいを出す。若いのかな、メーラ。
さて、メーラ。今日は、リコールダッシュがチョーハイテンション。そりゃあもう、疾走ですよ。あーた。最後は勢い余って、おとうさんに、ドーンですよ。ドーン。あーた。おとうさん、よろけてるし[:にひひ:]
くぅさんの番だ。
今、一番の悩みは、リードから離たれたくぅさんが、ヨロヨロ・クンクン・モタモタなこと。しゃきぃーんとしてよ、シャキーンッと。
「カムっ」には、しっかりダッシュで反応するものの、停止位置がまずい。フィニッシュの体勢に入られないよう。足は少し開いて待とう。
火曜練習の2頭に比べりゃ5頭って多いけれど、さすがに5頭での練習だと、同じ科目も2ターン練習できる。そう考えると、青組はほんとうに大変だった。
さて、リコール2回目に突入。くぅさんの前はメーラさん。ん?メーラさん。様子が変ですよ。

じょーじー。と呼ぶ。
わあ、脱走しちゃったよはじけるメーラ。暴走メーラ。楽しそうなメーラ。そして、動揺する人々とワンたち。
ま、あとのワンはみな上級クラスなので心配はないのだが。くぅさんがびびってしまった。クンクン。ついてこない。アプローチができない。
玉井先生「あんなことがあった後なので、くぅちゃんを落ち着かせてあげましょう。大丈夫なんだよって。パチパチパチって素早く、まばたきを繰り返してみてください。これは、カーミングシグナルといってイヌを落ち着かせる効果がります。」
ほうほう。そういえば以前、くぅさんの写真を撮ってもらったときanneさんも何か言っておられたな。ふむふむ。カーミングシグナルについて少し勉強してみたほうがよさそうだ。
さて、ステイ。ここ何回かステイは安定中。人間的にも安心してくぅさんを見ていられる。ちょっとぐらい手足の位置が変わっても、あくびをしても気にならなくなった。ステイ中、クンクン地面のにおいをかぐことも、めっきり少なくなった。うん。よしよし。
ところが、今日は、メーラさんと共にみなが一斉にバウっワウっ暴走。そんな中、ひとりポツンと座り続ける乙女、くぅ。
リュウくんのママさんの声が聞こえたよ。「くぅちゃん、すごーい。動かないねー。」
そこには、イヌとしての存在感を消し続けるくぅさんがいたよ。
うん。それなら誰にも襲われないね。うん。

あ。じょーじ。こんにちはです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする