わざわざ汚れたがるわけ

ありゃ。くぅさん。なにいっぱいつけてんのさ。それ、葉っぱかい。

かつて狩猟動物だった頃、自分のニオイを消すことが、獲物に出来る限り近づき、追い詰めるコツでした。

自分のニオイより、さらに強い何かを漂わせれば、存在に気づかれないと、イヌは学習しました。

このように、他の動物の糞や死骸のニオイをまとう習性が、脈々と受け継がれているようです。

イヌが転げ回る汚いものには、虫やミミズなどの死骸・道ばたに転がっているゴミ・他の犬の糞、散歩に出かければどこにも普通にあるものばかり。

飼い主にとって、うれしくないイヌの性癖だけど、野生だった頃の習性の名残であれば、仕方がないかもしれません。

で。
自分のニオイ消して、どーするつもりさ。
狩り?襲撃?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする