ウィンナー

じーろじろじろ。

今日はねー、「グランマ+グランパ+ゆっくん+ウィンナー」の無謀とも思える変則的組み合わせで充実のホリデーを味わってきた。
ゆっくんは男の子だけど、ほわーんとを思い出させる。
だからかなあ。ゆっくんとの時間は、とても充実した幸せを感じる。
さて、ここは今治湯ノ浦桜井総合公園。
第2回わんわんフェスティバル「めざせ日本一!スーパーシット」があったよ。
その報告だよ。
朝、5:50起床。眠い眠すぎる。ゆっくんをお迎えにいかねば…
昨晩、目をコシコシしながらウィンナーの衣装を作ったからねぇ。目がしょぼしょぼだねぇ。

いつもなら後部座席の定位置に、ゆっくんが乗るので、助手席にやってきたウィンナー。
朝っぱらから起こされて寝むそうだね。ごめんね。
ここからは、が左手一本でプルプルしながら、ゆっくんを抱っこ+右手だけで震えながら撮影してくださった貴重なお写真。
あっぱれぢゃ

スーパーシットの開始を待つウィンナー。ぶじこなせて「ほっ」。
で、結果はこれまでの日本記録を大幅に更新する172頭という好成績。すごいねぇ。
けど、これにもちゃんとオチがあった。何かあるんだよね。何かが。
ウィンナーたちの後ろには、ワンたちがきちんとシットできているかどうか、を監視する審査員さんたちがいたんだよ。
無事完了してほっとしているとウィンナーに審査員さんが近づいてきて、「がんばったね~ダウンしてたけど」。
#ううん。ウィンナーは、うつむいてたけどダウンはしてなかったんだよ~
あ。ずっとシットしてたんですよ。この子、うつむいちゃうと、ダウンに見えちゃうんですよ。
「どうかなー思ったけど、ずっとダウンしてたから大丈夫よ。」
#おねが~い。わかってぇ~。ダウンしてませんってばぁ。前から見てもらえば分かるんですぅ

仮装ファッションショーの出番をいやいや待つウィンナー。
周りから、くすくすと笑い声が聞こえる。
よっしゃあ上々や。
周りの変な反応を楽しむ変な男。
昨晩、「眠い眠い。もうだめ。」とこっくりこっくりしながら針の糸通しをするにお願いして、ぬいぬいしてもらったかいがあったというものだよ。

いざ壇上へ。
予想通り「へたっ」りこんでしまったウィンナー。
がんばれウィンナーさん。
それにしても、今日は、カメラマンがゆっくんに囚われていたため、ちゃんとした写真がほとんど撮れなかったのが残念だ。
あっ。嘘です。いい写真がいっぱいです。
だれかウィンナーのベストショットを撮ってくれていないかなぁ…

うまうま。
調子に乗ってウィンナーを食べてみた。写真では、よくわからんね。

ウィンナーがおいしいことを証明した努力の甲斐あって、あっぱれグランプリ賞をいただけることに。おーまいがっ。
#1番は団体さんだろうな~。特別賞かな~。3番かな~。2番かな~。まではちょこっと期待してた。だけど、2番が発表された時点で、「ざんねん。今回は努力が足りんかったか。やっぱり、前日の晩だけで仕上げようなんて準備不足だったよね。」と思ってただけに、びっくり。ひゃっほぉーである。
それにしても、ウィンナー。自分が表彰されているってことがよくわかってらっしゃる。
じーーーーっ。

えへん。ちゃんと表彰状ももらったんだよ。名前はえんぴつ書きだったけど。
でっかいでっかい景品はとても素敵な、ワン用(?)ラグだったよ。人用?2畳もあったし。
ありがとう。みんな。応援ありがとう。
ところで、今回のフェスティバル。準備・実行・後片付けと、とにかく運営していただいた皆さんの努力が心に染みました。本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。
いつか落ち武者やってみたいんだよね~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あひる より:

    すごいね?!
    グランプリおめでとう!

  2. tocchi より:

    祝電、ありがとね。
    体力のない女子用レッグウォーマーは、ウィンナーさんが動くたびに、その穴をぐいぐいと拡げ、いつ破壊するのかととても心配でした。
    覆面がはがれ、その本体が明らかになったらどうしよう。と、悩む覆面レスラーさんの心境でした。
    今、抜け殻となったウィンナサーさんの衣装は、父母の寝室でひっそりとたたずんでいます。レスラーの覆面もこんな感じで自宅にあるのかな。
    この抜け殻、何かに再利用できるかしら。
    写真見ると、最後のほうは、けっこう本体が露出してたね。あぶなっ (^^ゞ