アップをお届けしよう

あまりにも、すやすや眠る乙女、くう。
いつでも警戒中なのかなあ。爆睡しているように見えて目はうつろな半開き。

穴掘りのために大きくなった前脚は、体のサイズからするとアンバランスに大っきい。かーいー。

#胸骨のでっぱってるダックスは、おなかの毛がすりきれちゃうんだ。地肌はピンクなんだね。
体のサイズ相応な後ろ脚。前脚と比べるとちっちゃ。

かーいいなあ~もう[:ぽっ:]
いやーん。えっち
****************************************************
ところで皆さん(誰だろね)、構図って考えたことある?
被写体は画面の中心じゃないといけない、と思ってないかな?すみません。自分は思ってた人…
画面の中心に被写体があると、安定はするけれど、深みのない写真になるよね。
そんなおいらが、最初に実践してみようと思ったのが「9グリッドの交点」だよ。
これなら素人な自分でも実践できそうだ。
することは簡単だよ。画面を縦横3×3の9分割し、その交点に被写体を合わす。だけ。
画面表示設定で9グリッドが表示されるデジカメ、多いじゃない?あれってどう使えばいいのかなあ、って思ってたんだよ。ごめんね、こんなレベル。
疑問に思ったことは、なんでも調べてみないといけないねえ。
さて、グリッドの交点に被写体を合わせるわけなので、当然ながら偏りができます。被写体以外の空間が広くなるので、被写体の向きと空間の関係は大事みたい。
被写体の向いている空間を広くしよう。安定するよ。
応用としては、グリッドの線上に配置するのもよい。
ね。簡単。知らなかった人は試してみよーね。
たとえ、思ったとおりにならなくても、意識することから始めてみよう > 自分。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする