スマートフォンの文字入力

スマートフォンへの切り替えを躊躇している人をよく見かける。
理由は様々だけれども「文字キーがない」ことを恐れている人は多いと思う。

スマートフォン特有のフリック入力を使いこなせるだろうか?面倒くさそうでいや。
なるほど。確かに入力の仕組みを知ると、戸惑う。
たとえば「とっぴょうしもない」と入力したいとする。
まず、「た」をポイントし

下へスライドし「と」を入力

同じ要領で「つ」を入力し、「小文字」をタップする。

こんなふうに正直に「とっぴょうしもない」と入力したら、それは面倒だろう。
促音や濁音や半濁音を意識せずに入力しよう。

ほら。ちゃんと変換してくれる。
このやり方、カーナビを使ったことがある人ならピンとくるよね。
スマートフォンあたらしい機械は、あなたが思っている以上に使いやすい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする