ふうせんを堪能するオトコ

ママぁ。なに持ってんですか。くださいでちゅぅ。

ぼく、これ得意ですよ。いきますよー。

せーの。

ぷふぉー

ぷふぉーーー

ぷふぉーーーーーー

ぷふぉーーーぷふぉーーーーーーっ
はい。ゆっくん。もういいよ。それ以上したら割れる。

ちゅうーーーっ。完成でちゅうぅ。

*********************************************
なわけないでしょ。
最初から分かってたって?あっそう。
では、正しく再生してみましょう。
*********************************************
ママぁ。プフォーーーーくださいでちゅぅ。

はい。ゆっくん。いくよー

ブフォフォフォフォーーー

ブフォフォフォフォブフォフォフォ。ああ~~~ん

ブフォフォフォフォーーーン。あはぁ~~ん

ブシュシュプスプスおりょ?

プシュごらぁ。もっとでろやー

ママぁ。もっと、いっぱいフーフーしないとだめですよ。
ママぁのお口、こんなだね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. るいろん より:

    あっ、そゆことでしたか…
    一瞬、
    「すごっ!もうそんなことまでできるようになったんやー!」
    って、思っちゃいました(^◇^;)
    でも、本当にできるようになるまで、すぐですね。

  2. tocchi より:

    あはは。まだまだフィクションでしか風船は無理そうです。
    あるいは、やたらユルイ風船を探さねばなりませぬ。
    でも
    きづけば
    あっちゅーま なんでしょうねぇ…