マラソンしてるや~ん

終点だけどとりあえず、押せるものは押しておく。

[:バス:] バスに乗った。久しぶりだし、ゆっくんと乗るのは初。

ピンポーン

市駅から登り口までチンチン電車で行ってもいいんだけど。ほろほろ歩いてたら坊ちゃんが来た。

「どうやって方向転換するんだろね」
100円に値下がりした、白いタイ焼き食べながら見ていると、やってみてくれた。
頭だけちぎれて、ぐるりと回転するんだね。

城山公園到着。ほぼゆっくん抱っこ。すっすでにヘロヘロ
んん?なにやら人だかり…
ほうほう。マラソンの終点(始点)だったのか。
#うむ。この至近距離でも城がモヤモヤじゃん。

うーん。ソースのいー香り…[:ぽわわ:]
おべんと準備してきたのに。うまうま。
VIVA! 四国B級ご当地グルメ
大三島ソースオムそば

おっきなスピーカから流れてくるラジオ中継によると、只今先頭ランナーは38キロ地点だって。
およっ?うちのばあちゃんは『マラソンは午後から』って言ってたぞ。がせネタだったのか。
せっかくだから、先頭の方だけでも見ていこう。
さすがである。ランナーは違うである。
ゴール後も、しっかりした足どりで、へいちゃらなお顔でニコニコでおられる。
おいら、たかが数百メートルだっこして歩いただけでヘロヘロである。

今回は、南の方から登ってみるぜ。ここは県庁の裏手だぜ。
ポーッポッ。
も反応する。『ぽー』
おっ。またまた、ぼっちゃんやん。

さて、お待たせ。ここが今回の目的のようやくスタートラインである。見た感じ、たいした坂には見えんな。

げーっ。無茶苦茶、険しいやーん。
ちょっと降ろしてみた。
てっててて
あまりの坂に逆行してる

ベンチを見つけるたび、すかさず、生き返るための休憩を入れる
ちなみに、しょっちゅうベンチがあった。
『帰り、リフトで降りる?』
なーにー。くぅーっ。帰りもこの道で帰っちゃるー。
#間違いであった。この夜、膝が痛くていたくって、起きられんかとおもった。
(しかしこのときは)気合いが入ったものだから、意外にロープウェイ降り場までは近かったんよ。
松山城へようこそ。

3パターン撮る。とうぜんですよ。
はい。こちら、ベストポジションですよ。みなさん忘れないでね。

単焦点レンズは、こーゆーシチュエーションには合わないね。でも、軽いから…
前回、ほろほろと咲いていた梅。かなりみっちり開いとるやーん。

桜が楽しみじゃのーや。またこよーぞ。
そして、よしあきくんとも収まる。

くぅちゃんの時と同じポーズで撮りたかったんだけどな。
到着=喰う。
うまうま。あはははは。ぐーらんまのおべんと、おいしーなあ[:にかっ:]

ところが、お日様は隠れる、風は吹く、チョー寒いし。鼻水出るし。
てわけで、お城の裏側に回り込む。

続きを喰う。
うまうま。あははあはは。ぐーらんまのおにぎり、おいしーなあ[:にかっ:]
ちょっと油断したらこけちゃった。

びえー。ぐーらんまー。
よしよし。
石垣に登らないでください。

ぜってぇ無理。
あらー。すんげー霞んでるやん。気象台、肝心なときに休みなんやから。

また近々こよーねー。

帰りは高島屋のお帰り券をいただいた。バスは楽ちんで楽しーなー。ずっと乗っていたいよ。もちろん、帰りも押せるもの(ピンポン)は押させていただく。

うーん。この霞。結局、何なーん。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする