ゴーヤのめしべ

ゴーヤの花が咲いては散っていく。

注意深く観察しているつもりだが、実がなる気配が全くもってない。
なんでかなあ。なんでかなあ。気になって調べる。
ふむふむ。ゴーヤは雄花(おばな)と雌花(めばな)が別々に咲く。なるほど。
雄花は子ヅルに、雌花は孫ヅルにできる。え”-そうなのー。
で、うちのゴーヤをみてみると。
「全部、子ヅルやーん。」
孫ヅルが一本もない。
あら、一大事です。どうしたら孫ヅルが増えるのでしょう。ほうっといていいもんでしょうか。
ん?子ヅルにこんなものが…

どこからどーみても、ゴーヤに見えます。見えるだけ?子ヅルなのに。どゆこと?
しばらく見守ることにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. るいろん より:

    アタクシにもゴーヤに見えまするが…
    ゴーヤもの花も受粉しなかったら
    花殻が落ちちゃうくちですかねー。
    いっぱいゴーヤが採れることをお祈りしてまする。

  2. tocchi より:

    でしょ。
    昨日、さらに子ヅルに大量のゴーヤらしきもの発見!
    いよいよこれは本物なのか。
    しかし、孫ヅルの情報は…