microsoft の偉い人

先日、ある会でmicrosoftの弁護士をされていた方と、世間話をさせていただく機会があった。ソフトウェアライセンスの約款なども作成されている。

#ぽりぽりぽり。ごろーん。
講演会が終わり、帰り道。なんだか、もやもやする。
弁護士先生のお名前が、昔、BSDで(勝手に)お世話になった方のお名前にそっくり。
といってももう10年近く前の話。
人違いかもしれない。だけど、そうかもしれない。
なら、聞きに行こう。本人なら、(勝手に)お礼も言っておきたい。
知的所有権や知的財産には皆さんあまり興味がなかったのかな。引き返した懇親会には、主催者しか残っていなかった。
意を決して話しかける。別人やった。あらま。ごめんなさい。
んでも、せっかくですから10分ほど、しろーとの世間話におつきあいいただく。
さすが、都会で揉まれている大先生である。ふざけた素人の世間話にいやな顔一つせず、会話ははずむ。
よく考えたら、microsoft と BSD(linux) 、敵やん。実際、「BSDを潰しにかかった」人たちだよね。あはは、ばかだね、自分。
話の途中、弁護士先生、ささっとiPhoneを取り出し、ぐぐる。

「いいんですか。使っちゃって。」
『ダメって言われてますが、便利ですし』
WindowsPhoneじゃないのね。
「Androidはどーですか?」
『こっちの方が便利ですから』
正直なお方。
AndroidがApacheの出身であること、始めて知った。そう。Apacheだったんだ。なつかしい。やっぱりオープンライセンスか。これも潰さないといけないんだねmicrosoftさん。
今日は、貴重なお時間をありがとうございました。

あーん。気持ちいーワーン。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする