高速バス初体験…

飛行機、船、列車、車、乗り物は苦手。
すぐ酔う。
周りの人も気の毒。
も私に似て、車に酔う。
なのに、[:バス:]高速バスで帰省する姿は健気…
ならば母も頑張らねば! と、万全の準備をして高速バスに乗り込むことにした。
両手首には、シーバンド
シーバンドってなんじゃろか?っていう人は、
シーバンド (乗り物酔いを防止する効果がある手首のバンド)
首には、トラベル用の首に巻く枕
それでも不安で不安で、まるで受験前のようにオロオロ、オタオタ~
# 私を知る人は、きっと想像できるはず。
やっぱり飲みました。酔い止め薬。
シーバンドだけで試してみたかったけど、酔ったときの不安の方が勝ちました…
高速バスに乗り込んで最初にしたのが、トイレを探すこと。
えっ、トイレがない!
不安度が頂点に達した頃、ようやく車内の案内があり、バスの中央にトイレがあるらしい。が、そこら辺にトイレは見当たらない。
心配で近づいてみると、座席から数段下がったところにトイレの入り口があった。
あぁ、荷物室と同じレベルにあるんだ。
これなら気兼ねなく使えそう。高速バスのトイレってすごいわ~
# 結局使わなかった。試しに入る余裕ゼロ。
後は、靴を脱いで、お腹周りを緩めて、楽な姿勢を探して、ちょくちょく水分をとって…
意外と眠れるものですね~
ちょくちょく目は覚めるけど、大抵はまたすぐに眠れます。
すっきりした気持ちよさはないけど、激しくこみ上げることはなく、無事、12時間近く過ごせました
あっそうそう、脚がむくんで靴が履きづらかった~
の課題によい評価をもらっていたり、友達と一緒にバザーをしていたりする姿を見て安心したよ。
とんぼ返りだったけど、行ってよかった(^^)v
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
椅子に座った私のひざの上で、机の上をのぞく くぅちゃん。

もっともっと

う~ん、必死感~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする