熱い抱擁

気をつけよう。こーゆータイトルつけてると、たまたまそーゆーキーワードで、たまたまググってしまったとき、たまたま怪し~サイトと一緒に表示されて、赤面することになるからな。

なぜ抱擁を交わしているかというと。

片方だけ脱げちゃった靴が物語っているよ。

こてん。

「えーん。えーん。」

どして、こけちゃったんだろね。

「にげろ。にげろぉ。あはは。あはは。」

じゃあなかったらしい。

決して逃げていたわけではないらしい。

そうか。逃げてたんじゃなかったのか。

逃げてるとしか見えてなかったぞ。

「おーい、まってくれよー。」

ちびっこにダブダブの靴は危険だ。

現場を検証してみよう。

a(小)とb(大)は手をつないで歩いていた。

ところ、このようなことになってしまった。

理由は分からないがちょっと小走りをした二人のうち、aのダブダブの靴が脱げる→
aが脱げた靴を気にして、こけそうになる→
aがこけそうなことに気づいたbが間一髪支える→
支えてもらったaが立ち止まる→
まさか立ち止まると予想していないb、aにつまづく→
b、aに覆い被さる→bこける→aこける→
a泣く→
b振り返り様、にが笑う

と、このようなことにならないよう、お子様の靴のサイズには注意してあげてほしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする