川畠成道さん:ヴァイオリン・リサイタル

「素敵な演奏を本当にありがとうございました。」
サインをしてもらいながら、素直に口から出ていました。
私は幼い頃から音痴だと自覚し、人前で歌うことを避けてきました。必要に迫られてピアノを習った時期もあったけど、頭で描くメロディと口から出てくるメロディが違うから、歌を口ずさむこともできませんでした。
そのうち音楽自体が苦手になっていきました。
今日、チャンスに恵まれ、聴きたいと思い、川畠成道さんのヴァイオリン・リサイタルに行くことができました。
ヴァイオリンに感情が宿っているように聞こえ、歌っているようでさえ聞こえるのです。演奏というより、気持ちが伝わってくるような感覚に震えました。
もっと聴きたい、もっと。
そして自分でも何か演奏してみたい、楽器で気持ちを伝えられたら素敵。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする