瀬戸内国際芸術祭 vol.6(男木島編3)

坂道を進むと、脇の路地に『海と空と石垣の街(中西中井)』 の
不思議空間が広がる。

爽やかな白とブルー、風にゆらゆらはためく薄い布、ここは絵本の中?
これ、いいよ~ 風の音が聞こえる気がする。
写真じゃなく、実際に見て感じて欲しい。

さらに坂道を進む。
ときどき出現する曲がりくねって伸びているパイプを覗くと...
何かが聞こえて、何かが見えるはず。
オルガン(谷口 智子)

途中、60分待ちとか、待ち時間の長いところは、パスして先を急げ 急げ
空模様が心配。
さらにさらに坂道を登っていくと、かわいいもの見っけ
島こころ椅子プロジェクト(島こころ椅子プロジェクトグループ5)

くぅちゃんは、どう?

迷惑顔? う~ん、どう見ても喜んでないね...
今度はどんどん坂道を下って行きましょう。

またまた、かわいいもの見っけ

オンバ(乳母車)にペイントや工作をして、日常の暮らしで使ってもらうプロジェクト
オンバ・ファクトリー(オンバ・ファクトリー)
これはいいよ~、絶対見て欲しい。
これはもうオンバじゃないやろう?っていうものもあったりして、とにかく楽しい。



さあ、くぅちゃん、F1のオンバに乗ってみよう~
カッコイイね(^.^)

オンバ・ファクトリー、楽しさで今日の一番!
サインもいいよ。

後ろ髪を引かれながら、次へ進みましょう。
おや? プリンの無人販売だ~

もちろん、「白下糖プリン」頂きました。おいし~

ちょうど作っている方にお会いできてよかったわ。
くぅちゃんのことも褒めてくれたしね(^_-)-☆
その横にあったパイプ、くぅちゃんも覗いて見る?

もうちょっとで港。いつ雨が降ってもおかしくない空。
さぁ、早く女木島へ行こう。
ばいばい、男木島。
とっても楽しかったよ。またいつか来るからね~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする