瀬戸内国際芸術祭 vol.3(出発編)

いよいよ出発
4:00過ぎに起きて、5:00出発。真っ暗~
午後の降水確率[:雨:]が70%もあるから、折りたたみ傘と愛媛FCのポンチョを持って行きましょう。
もちろん、くぅちゃんも忘れずに一緒だよ (#^.^#)
高速を走るも、当分真っ暗。秋というより、冬ですね。
7:20頃に駐車場到着。
パスポートで無料になる駐車場が満車! とっとと地下駐車場へ行きましょう。
すごい人。切符を買うために並んだ列で、後ろの人から聞いた。
先週もすごい人出で、その人の友人が「朝7:30に来て11:00の直島行きのフェリーに乗れた」そうだ。
今日は降水確率が高いから、まだこれで済んだのかな?
って、すごい人なんですけど~
「もう少し涼しい季節まで開催してくれたらいいのにね~。」
「そうですよね~」
思うことは一緒なんですね。ハードな真夏の体験者は切に願います。
10/31で終わるけど、11/30まで開催して欲しいと思っている人はたくさんいますよ?
やっと切符を買う順番がきたから、販売の人に聞いてみた。
(カチッとしたキャリーではなく)スリングに入れたくぅちゃんを指差して、
「このこをフェリーに乗せてもいいですか?」
「いいと思うよ。あー、客室に入らんかったら。」
ヤッター、よかったね、くぅちゃん

# くぅちゃん、カメラを向けると目線を外す。おすまし顔。
# カメラが嫌いなんかな…

長蛇の列に並んで、やっとやっと乗った臨時便。

なんか船にすごい人数が詰め込まれたんですけどぉ。
これは立ちっぱなし決定。
めげずに、高松港を7:50に出発だ~~~
すごい海。
雲、光と影が織りなすグラデーション。
まるで美術の教科書に出てくる海。

荘厳な気持ちを味わっていると、
女木島(別名:鬼ヶ島)のひょうきんな鬼のオブジェが目に飛び込んできた。
なんだか肩の力が抜ける。

う~ん、なんか今回ゆっくりのペースになりそう...ええんかな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする