芸術祭とお泊まり

この投稿がひっそりと公開される深夜、私たち夫婦は名古屋あたりでオゲオゲなっているんだろうか…
の初めての芸術祭。行きたい。行きたい。お金はない。
ということで、往復24時間の強行バス旅行(これって、りょこう?)。滞在時間は8時間ほどか…
なので、くうちゃんはドリームドリーさんにお泊まりとなった。
最近、むりむりと体重が増えてきていた(自宅では4.25kgあたりをうろうろしている)ので、心配事を打ち明けてみることにした。
[:しょぼん:]「心配なんですけど」

いうことで、安心しての描いたくうを公開しておこう。
その1)

のっけから、あまり本気で描いているとは思えないものだった。
くうちゃんの未来を先取ったのか?
それとも、かなり前方から見つめたせいか。胴まわりについた豊満な脂の存在を感じさせる。
犬も腹回りに余計なものがつくとよくないようです。ご注意あれ。ダックス特に要チェック。
その2)

目がいってますが、なぜですか?どんなタイミングだったのかな?
の心の目では、こう見えたのかな?
くうちゃんと聞いていなければ、まちがいなく「アフガンハウンド!」と言うでしょう。きっと。
ま、どちらも「ハウンド」(猟犬)の血筋でしょうから、似ているっちゃ似てるんでしょうが…
その3)

もはや、へたっぴな父に影響されているとしか思えません。
私の見る目がないんでしょうか。
の作品とは、とうてい想像できない生き物な気がする。
頭部だけ見れば、そう
そこのあなた。手をかざし体部分を隠してみてくださいまし。
バナナを咥えたゾウちゃんじゃん。
気色悪い後ろ足は、くうちゃんを見て描いたとはおもえまぜん。ぜったい、悪い想像で描いたでしょ。ゆるさん。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする